ヘッダー画像

自動車保険の役割

自動車保険と一言で言っても様々な役割があるものです。

必ず入らなければいけない自賠責保険をはじめとして、交通事故を起こしてしまった時の自分のための保証惜しくは、車の保証に充てるための任意保険があります。

自動車保険の役割は、万が一の事故に備えたものというのが基本的な概念としてありますが、その種類は様々ありますので、その用途、その人に合った保険を選ぶというのが重要になってきます。


自動車保険の役割は、あくまでも万が一に備えるためのものだということを認識しておくと良いと思います。

ちなみに、必ず入らなければいけない自賠責保険だけでは、本当に事故を起こしてしまった時の補償が薄くなってしまうため、任意保険には入っておいた方が良いかと思います。

任意保険とは言いつつも、自動車保険の役割を考えると必ず入っておいた方がいいと思います。

自賠責保険だけでは自分が事故を起こしてしまった時の怪我や自分の車の保証は一切受けることができません。


もし本当に事故を起こしてしまい、相手方に怪我を負わせてしまったとき自賠責保険だけでは最高4,000万円は保証の上限となってしまいます。

世間一般の賠償金としてはこの金額を超える事は全く珍しくありませんので、自賠責保険以外にも任意保険に入っておいた方がよろしいかと思います。